×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Topics!!

薔薇園芸室
 実践しているバラの無農薬栽培について、バラの知識・情報等を発信中
バラの病気
 バラの病気の解説・対処方法について(主に無農薬栽培の方法)

バラの香りの効能

 

 

 <バラの香りの効能>

   バラの香りには

   抗菌作用、消炎作用、収斂作用、鎮静作用、
   催淫作用(異性にもてる)、抗うつ作用、

   神経強壮作用、アンチエイジング効果、
   女性のホルモンバランスを整える効果があるそうです。

 

 <香りの成分>

   バラの香りの成分は最近の研究で300以上が解明されています。
   その主な成分としては、下記にて。
 


【ゲラニオール】

バラの香りの主成分で、バラ・ゼラニウム・
    ネロリ等の精油に多く含まれています。
    用途として化粧品の香料として使用されています。
    最近では、バラ香るガムとかに配合されている成分ですね。

    効能:収斂作用・鎮痛作用など

 


【シトロネロール】

ゼラニウム・ローズに含まれる成分。

    効能:緊張緩和、抗不安、精神安定

 


【フェニルエチルアルコール】

バラの香りの主成分のひとつ

    効能:収斂効果など

 


【ジメトキシメチルベンゼン】

資生堂が発見した香りの成分です。
    この成分はティーローズエレメントと呼ばれる殆どのバラに存在し、
    中でもティー系のバラに多く含まれている成分です。

    効能:スキンケア効果・鎮静・緊張緩和

 

昔はバラはハーブ・薬草として治療などに利用していたそうで
香りは脳や体に与える影響は現在広く科学的に知られていますが、
昔の人は、このなんらかの効果を経験的に知っていたんでしょうね。

 

 バラの香りの分類についてはこちら

 

 (バラの香りを楽しむ方法)

  ・アロマオイル  ・アロマ香水  ・アロマキャンドル  
  ・ローズティー など

 

薔薇園芸室